郵便で取引相手の身元を確認

住んでいた場合も、恐らくは相手が不明なものや内容物が不明なものに対して着払い料金を払うことはないので、結果受け取り拒否されることになり、業者が連絡をくれることになる。

配達記録で身元確認
郵政公社のサービスに「配達記録郵便」というものがある。
引き受けと配達完了を確認してくれるサービスである。
配達記録郵便をハガキで作成して相手に送ることで、配達の状況を郵政公社の「郵便追跡サービス」で確認することができる。
これによって、相手の住所に本当に相手が住んでいるかどうかをネットを使って確認することが可能となる。

クエリウィンドウには検索にヒットしたファイルが表示されるが、その中にはダウンロードしやすいものもある。
かなり収集効率に差が出るぞ。
Shareにはたくさんのファイルが流通しているが、中にはダウンロードがなかなか始まらないものも。
そんなファイルよりも、爆速が期待できるファイルを優先的に収集していく方がいいだろう。